プログラミングの生産性を上げる2つの視点

プログラミングの生産性を上げる方法にはいくつかのアプローチがありますが、企業の立場からの考えとプログラマの立場からの考えでそのアプローチが異なります。

プログラマの視点からすると、いかに新しくコーディングする箇所を少なくするかによっていくつものプログラムを効率的に生産することが可能になります。新規性のある部分は新しく書き上げ、残りの部分は既存のコードを再利用することで完成品につなげられるように設計することが大事と言えます。そうすることによってデバッグにかかる時間も節約することができ、全体の行程がかなり小さくまとめられるのです。

一方、企業の視点からするとプログラマの作業効率を向上させることが生産性を上げることにつながります。その1つのアプローチとしてインフラを整えるという点があり、新たなシステムを積極的に導入したりしてプログラマが快適に仕事に携われるように配慮するという方法があります。一方、より優秀なプログラマを抜擢することによっても同様のことを達成することが可能です。

しかし、本当に優秀なプログラマは環境も選ぶのが当然であり、よりよい作業環境が整えられていてこそ実現されるものです。そのため、基本的な方針としてプログラマがプログラミングを行いやすい作業環境作りに投資を行うのが良策となります。そのインフラを整えた上でプログラマを募れば優秀な人材が現れてより生産性を高めることができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です